試乗したときのチェックポイント

自動車を購入しようと考えた場合、新車であっても中古車であっても、試乗は必ず行います。その時に、チェックしておくべきポイントが幾つかあります。

まず、シートです。少し固めのシートの方が長時間座ることが出来ますので、柔らかすぎないかチェックします。また、ホールド感があるかも見るようにしましょう。

天井の高さ、足元の広さ、座面の広さなど、居住性をチェックします。

運転席では、パネルの配置を見るようにしましょう。スピードメーターなどが見やすい位置にあるか、見やすい表示であるかを、チェックします。

中にはとても見にくいものもあるので、注意しましょう。

走り出したらエンジン音、下からの突き上げなどをチェックします。

加速した時など、ギアチェンジがオートマの場合、スムーズであるか、坂道を登ることが出来るかなども要チェックです。

また、ブレーキがすぐに反応してくれるかどうかも見ます。ブレーキの反応が遅い車もありますので、注意しましょう。

ハンドルを最小限の角度しか回さなくても、カーブで曲がっていくことが出来るのかも、要チェックです。

ハンドルが大きすぎたり、おもすぎたりすると、運転していても疲労感があります。気をつけるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。